【BTS妄想】誰が運命の人? 〜女子会〜 #35

スポンサーリンク

【BTS妄想】誰が運命の人? 〜女子会〜 #35

※今回はヒナとの女子会になります。(笑)
この世界でのメンバーの印象をただただ
話すだけの会です

※メンバーでてきません

 

〜日本〜

 

自分の家に着くと、少しホッとしたような、
懐かしいような感じがした。

引き払おうとしていたこの家は、弟が住むことになった。
家具等ももらいたいとの事だったので、
正直面倒が減って嬉しかった。

少しの必要なものと、
いらなくなった必要だったものを、
分けながら片付けをした。

 

♪着信♪

 

ヒナからだった。

〇〇:『ヒナ!無事に帰ってきたよ!今後宜しくね😄』

ヒナ:『おかえり!うん!今後宜しくね!と、
韓国住むの決めてくれてありがとう💕』

〇〇:『こちらこそ!』

ヒナ:『それで、明後日、一緒に韓国向かうって事で、大丈夫なんだよね?
ホビが飛行機のチケット〇〇の分も
とってくれるらしいんだ!』

〇〇:『うん、大丈夫!え!?ありがとう。』

ヒナ:『了解〜!伝えておくね!じゃあ、明後日ね!』

〇〇:『はーい!』

トントン拍子に進んでいく、
この日常に少しワクワクした。

そして、数日後、

ヒナと空港で待ち合わせて、韓国へ渡った。

 

〜韓国〜

 

空港に着き、タクシーでこれから住む家へ
向かった。

私達の荷物は大きいキャリーバッグに入るくらいのものだった。

家へ着くと、
やっぱり立派な部屋だと改めて思った。

 

ヒナ:凄い家だな(笑)

〇〇:だね(笑)

ヒナ:さて!それでは引っ越し祝いしよ✨

〇〇:うん!

 

チキンとピザの出前を頼み、
お酒は近くのマート見学がてらに
買ってきた。

 

ヒナ:今日は誰から連絡きても、私達の女子会に誰も入れないことにしよう!(笑)

〇〇:はーい!(笑)

そして、ヒナはインターホンの音量も消音にした。

 

ヒナ:ではでは、今後とも宜しくねー!

〇〇:かんぱーい!

ヒナとガッツリご飯を食べながら、
話をした。

とても久しぶりで、お互い沢山話したい事がある。

何も気負わずに話せる友達がいることに、
感謝をしつつお酒が進んだ。

 

ヒナ:でさ、今は〇〇は誰が好きなの?

〇〇:誰かな…?

ヒナ:またまたぁ〜(笑)やっぱ最初の印象のジン?

〇〇:う〜ん。

ヒナ:何なに!?違うの!?どーした!?

〇〇:何ていうか、ジンの事が多分好きな練習生の子がいてさ、結構一緒に練習してたり、相談のってるみたいで。

ヒナ:それで?何でそれ知ったの?

〇〇:ジンが言ってくれた。たまたま送迎の時に会ってね、後から説明してくれたんだ。
その子の事、デビューするように応援したいんだって。

ヒナ:なるほどね〜。それで〇〇は嫌だと思ったの?

〇〇:ううん。良い人だなって思ったよ、ジンの事。だけど、そこに関わると面倒くさい事になりそうじゃない?

ヒナ:え!?急に?(笑)
ん〜、でもそれは今〇〇が選べる立場だから、
そんな風に余裕なんじゃないかな?

〇〇:そうなのかなぁ。本当に嫌な女じゃん(笑)

ヒナ:まぁ、それは仕方ない(笑)
でもさ、そこでジンもよく気付いて説明したよね。
ジンも練習生が好きだって気付いてるの?
それだったら、ちょっと微妙じゃない?

〇〇:気付いてなさそうかな?
ジミンに説明したほうがいいって言われたから、
説明するけど〜、、、みたいな感じだったよ。

 

ヒナ:ジミン!私は今回〇〇が韓国住むのを協力してくれた、ジミンさんを推すよ(笑)

〇〇:え!?何急に(笑)

ヒナ:いやさ、ほら、よく考えてみて。
こんなにすんなり、今回韓国住めるようになったのって結構ジミンが色々手伝ってくれたからじゃない?ホビも大きいけどさ。

〇〇:それは、あるよね。

ヒナ:しかもさ!多分話を聞いてると、
多分、多分だけど、ジミンとは体の関係なくない!?

〇〇:そうだね〜。

ヒナ:それだよ!そこだよ!私が1番推すところは!

〇〇:そう?

ヒナ:うん!大切にされてる感じするじゃん!

〇〇:う〜ん。。。

ヒナ:え〜?違うの?

〇〇:いや、多分大切にしてもらってる。
だけど、何となくなんだけど…。
最初の印象と違いすぎて、信用できないっていうか…。

ヒナ:あ〜、最初最悪だったよね。(笑)。

〇〇:うん。だからさ、少し考えてみたんだけど、
他の人とかに負けたくないから、好きなだけなんじゃないかな〜って思って。。。
好きになる対象は誰でも良くて。

ヒナ:本当に?そんな風には見えないよ?
それだったら、手出すんじゃない?
自信ないのかな?

〇〇:え!?(笑)そこ(笑)?

ヒナ:うん(笑)。あ、でもこれは私がジミン推しだから、ジミンにプラスになればと思って告げ口するけど。。。

〇〇:なに?

ヒナ:友達がさ、ジミンは最近遊んでるって噂が無くなったって言ってるんだよね。

〇〇:ジミンって遊んでるの?女遊びってこと?

ヒナ:うん。結構そうゆう噂聞いてたみたいなんだけど、最近全然聞かないから彼女できたんじゃないかって話題になるらしいよ?

〇〇:そうなんだ〜

ヒナ:だから、それ程本気なんじゃないのかな?

〇〇:う〜ん。

 

ヒナ:テテはどうなの?あいつはあの事件以来、
ないけどね。私は。

〇〇:あの事件はまぁ、本当に反省してるみたいでさ。何ていうか、守ってあげたくなるんだよね。

ヒナ:え〜なにそれ?

〇〇:離れないでとか、本当に絶望感な雰囲気だされると、私しかいないんじゃないかって思わされちゃって…。

ヒナ:ないない〜。

〇〇:でも、家もゲーム部屋とか作ってくれて、趣味合わせようとしてくれたりしてくれるし、たまにドキッとするんだよね。何でか。

ヒナ:それは、ただ顔がいいからだよ。
趣味はジンのが合うんじゃない?

〇〇:そうだね〜。ジンといると素でいれるかな〜。

 

ヒナ:ところで、グクは?
色々面白い子だよね?(笑)

〇〇:うん(笑)

ヒナ:話し聞いてると、ジミンよりグクのが
負けず嫌い感凄くない?

〇〇:そうかも(笑)
でもね、何だか色々見透かされてる気がするのと、
何となく信頼できるんだよね。
グクからの好きは。

ヒナ:お?結構グクいい線?

〇〇:分からない〜。でも、一緒にいて、
え?付き合ってる?って思う。
これって好きなのかな?

ヒナ:そうなんじゃない?

〇〇:でも、グクと付き合ったら、
皆ともう、連絡とれなそう(笑)

ヒナ:あ〜、分かる(笑)。
友達ではいたいよね。普通に。
こんな考え最低だろうけど。

〇〇:そうなんだよね。
普通にさ、良い人だし、話しやすいし、
でも、それって誰かと付き合ったりしたら、
全部なくなるのかな?
そう考えると、怖い。

ヒナ:そうだね〜。
その時になって、やっと分かるのかもね。
それぞれの本当の姿が。

〇〇:変わらないでいたいな。
このまま。

ヒナ:わがまま〜(笑)

〇〇:ですよね〜(笑)

 

ヒナ:でもでも、どうなっても私達の友情は変わらないよ〜!

〇〇:ありがとう〜!

 

ヒナ、〇〇:かんぱーい!

〇〇:ヒナはさ、ホビと付き合うんでしょう?

ヒナ:多分ね〜。今が1番楽しい時期だよね。
でも最近、マネージャーのナムさんと食事行ったりしてる(笑)

〇〇:え!?ほぇ!?

ヒナ:私も最低なんだわ(笑)

〇〇:私もって(笑)!

ヒナ:まぁまぁ、楽しんで生活しようよ!

〇〇:だね!

ヒナ、〇〇:かんぱーい!

 

 

ドンドン
ドンドン
ドンドン
ドンドン
ドンドン

 

玄関が物凄い勢いで叩かれた。

ヒナ:消音にした意味(笑)

〇〇:着信も凄いきてた〜

ヒナ:モニターみてみよう〜。
ホビは絶対にいるよね。
ここまで入ってこれるんだから。

〇〇:だね~

ヒナ:って、全員いるわ(笑)

そして私達は玄関に迎えに行き、
皆を招き入れた

つづく

スポンサーリンク
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク